2010-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ :

めんや 参○伍(さんまるご)@六本木 - 2010.10.31 Sun

「ベジポタ」、「タンメン」、「肉そば」、「細つけめん」、「カレー」etc‥と、
近年、ラーメン業界には数多のトレンドが乱立。ただし、廃れる速度も光の如し。
業界を完全に飲み込んだ「ガッツリ系(所謂二郎インスパイア)」、「家系」の波とは対照的に。
『流行るか・流行らないか』の見極めが重要ですなあ・・・お店も、お客も。

「ドロ系」もそのひとつ。超濃度のドロドロスープを特徴とするカテゴリですね。

せたが屋出身の店主ということで話題になったお店。この系列には一目置いているので、期待していました。
平日の19時半頃の到着で、コンスタントに5割程度の客入り。店頭の券売機で食券を購入。

らーめん参○伍+味付玉子

らーめん参○伍+味付玉子(780+100円)


豚骨ベースの濃厚スープは想像通りドロドロ。しかし油の重さは一切ないですね。
魚介が後味に香り後味も軽快。煮干しが売りだったように思いますが、節系の味わいが強め。
濃度を出したスープの宿命でもある「風味のマスキング」もちょっと感じるけど、なかなか好きな味。

全体的なテイストとしては、じゃぐら@高円寺の魚介オイルに近い印象があります。

麺

麺はストレートの中太麺。もっちりと心地良い食感。
この手のスープに組み合わせる麺としては、これまでで1番好きかも。
チャーシュー、メンマ、トッピングの味玉も美味い。

「濃厚スープ+煮干」の良いトコ取りを狙ったスープ。ふくもりにも通ずる巧さを感じさせてくれますね。
と同時に、無鉄砲天一じゃぐらあたりの「突き抜けた感」も改めて実感しちゃいますが。

「ドロ系」の運命やいかに?

めんや 参○伍(さんまるご)

六本木駅より徒歩2分の好立地。近場であれば、それなりの吸引力を感じさせる一杯です。

めんや 参○伍 ラーメン / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

★★★☆☆ 3.0

スポンサーサイト
タグ : 港区 ドロ系

すみれ 札幌本店@中の島(北海道札幌市豊平区) - 2010.10.29 Fri

都内にも広がる「純すみ系」の波。
それを語る上では、やはりルーツを知っておかねばとすみれ本店を訪問。

中の島駅から徒歩10分弱で到着。一大帝国の長らしく、非常に立派な店構え。
平日18時頃でしたが、おや?ガラガラです。ちょっと拍子抜け。

後会計制。味噌と醤油を注文しました。

味噌ラーメン

味噌ラーメン(850円)


うおおお、濃い!
表面を覆うぶ厚いラードの層、熱々のスープ、塩辛さすら感じる濃厚な味噌ダレ。そして暴力的な程の旨味。
とろみもある強烈スープですなあ。甘辛く炒めた玉ねぎも実に味わい深い。

パンチとパンチの掛け算で、息をつく間がないぞ~これは!

麺

もちろん麺は、ど定番の多かんすい縮れ麺。森住製麺。
このスープの中でも、決して埋もれない存在感はさすが。
『味噌ラーメンは、挽肉使ってチャーシュー抜き』も、このお店が作ったスタイルなのかな?

正油ラーメン

正油ラーメン(800円)


醤油もラードたっぷりでかなり重厚なスープ。
油効果で醤油の風味がやや控えめに感じるものの、塩分濃度はかなり高め。
なんとも荒削りな一杯ですが、醤油の風味で「ああ。すみれ食ってるな」と実感させられます。

すみれのポテンシャルは感じつつも、『一世代前のラーメン』ということが、今回強く印象に残りました。
「純すみ系」というカテゴリを生み出した功績には敬意を表しつつ、時代は次世代の味を求めているんだなと。
そして彩未はその最先鋒、という認識で大体合ってそう。

すみれ 札幌本店

陸橋脇の下道にある巨大な店舗。名実ともに、完全なる観光地ですね。
ラーメン好きならもちろん行く価値はあり!

すみれ 札幌本店ラーメン / 平岸駅(札幌市営)中の島駅幌南小学校前駅

★★★☆☆ 3.5

タグ : 北海道 豊平区(札幌) ご当地 札幌系

麺屋 彩未(さいみ)@美園(北海道札幌市豊平区) - 2010.10.26 Tue

札幌遠征。1軒目は地元で1番人気とも噂される彩未。
札幌ラーメンといえば「すみれ」ですが、このお店もそちらの出身。

完全な住宅地帯で周囲は静まり返っている中、このお店の前だけ人だかりが出来ている異様な光景。
土曜18時の到着で、店内15名・外12名程度の待ち。45分程並んで席へ案内されました。

味噌ら~めん

味噌ら~めん(700円)


味噌の風味、塩分のキレが来て、続けて旨味がしっかり乗ってきます。
挽肉のコクもあり濃厚。加えて胡椒・一味でピリッと引き締まった味わい。
この系統としては、ラード控えめで後味はあっさりとすら感じられます。
生姜がまた意外にも上品に効いてきますね。文句なく美味い!

麺

麺は札幌系定番の黄色く縮れの強いタイプ。森住製麺。
麺の硬さから、チャーシュー・もやし・メンマまで隙がないですね。とにかくバランスが素晴らしい。
『1番好きな味噌ラーメン』を選ぶとしたら、迷わずこのお店を挙げるでしょう。

醤油ら~めん

醤油ら~めん(700円)


こちらも秀逸。純すみ系の独特な風味の醤油だれが、しっかり主張した一杯。
塩分も適度で、実に後引きのあるスープ。味噌同様にレンゲを持つ手が止まりませんな。

味噌と醤油、どちらも甲乙つけがたいですが、お店の顔でもある味噌を推したいですね。
ルーツの味を踏襲しながらも、時代に合わせてきちんと昇華されたラーメンは素晴らしいの一言。
後日、すみれ本店にも訪問していますが、いま食べるなら間違いなくこちらがオススメ。

麺屋 彩未

行列も納得、ここは並んでもまた食べたい!(でも冬はツラそうだなあ・・)
ホールスタッフが余剰気味だったので、もう1人減らしても十分回せそう(笑)

麺屋 彩未 ラーメン / 美園駅豊平公園駅

★★★★ 4.5



■関連記事


2011/9、再訪しました。 タグ : 北海道 豊平区(札幌) ご当地 札幌系

らーめん潤 蒲田店@蒲田 - 2010.10.21 Thu

インディアンでカレーをと思ったのですが、テレビ番組に紹介された影響とかで早仕舞い…。
蒲田駅の西口から東口へ移動し、潤でリカバリ。ここもずっと気になってたお店。
なんだけど、すっかりカレー気分なのに大丈夫か?

入り口の券売機で食券を購入。ミニサイズ(650円)もあるんですね。あとで気づいた・・。
食券を手渡す際に、背脂の量の指定も可能。大量投入の「鬼油」が有名ですが、今回は自重。

中華そば

中華そば(730円)


新潟の燕三条系。デフォの背脂は意外に控えめです。
動物系に煮干を効かせた定番の味わいで、スープ自体は比較的あっさり。
甘みのある背脂を馴染ませながら食べると美味い。というより、油で食べることを前提にした構成なんだろうな。
これは「鬼油」必須だったかも・・・。

チャーシュー、玉ネギ、岩のり、メンマと具はいずれもスープと好相性。
特に岩のりが良いですね。じわりと広がる磯の香りが美味!ただ追加トッピングで220円は高いけどね。

麺

やや丸みのある断面の太麺。ポクポクした食感。麺量も十分でしっかり満腹。
スープ・麺とも、全体の雰囲気は同じ系統のどっかんに似てますね。
なかなか満足できましたが、次回頼むなら「小盛りラーメン・鬼油」で確定。

しかし最後までカレー気分は払拭できず。ここ狙って来たら、より満足度は高まりそうなだけにちと残念…。

らーめん潤 蒲田店

蒲田駅東口から徒歩5分ほど。カウンターのみですが、席数も多く入りやすいです。接客にも好感。

らーめん 潤 蒲田店ラーメン / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

★★★☆☆ 3.0

タグ : 大田区 ご当地

音麺酒家 楽々@吉祥寺 - 2010.10.17 Sun

吉祥寺の人気店で、ずっと宿題店でもあった楽々へ。
ラブメンでもお馴染みのお店。高円寺の店舗は、元々こちらの限定メニューから専門店化した形。

基本情報はそんなところで。実はここのラーメンがどんなものなのか、いまいち把握していませんでした。
こってり系のレギュラー2種と、杯数限定の淡麗系が主軸のよう。
別ブランド(磯部水産)で営業してたり、限定が多いイメージはあったのですけどね。

らーめん(黒)

らーめん 黒(700円)


濃厚な動物系に魚介を合わせたテイスト。旨味濃厚で、とろんとしたマイルドなスープ。
高麗郷丸大豆醤油なる濃口醤油を使用したタレだそうですが、独特のコクがあります。
味は異なりますが、口当たりは誠屋@高円寺を思い起こさせるような一杯。

麺

麺は三河屋さんかな?平打ちタイプの太麺はやや家系ライクな食感。
具はシンプルで、極太メンマが柔らかく美味い。
一方で、ロール状のチャーシューは脂身ばかりでハズレの部類。これ狙いかなぁ・・?

らーめん(白) ハーフ

らーめん 白・ハーフ(550円)


白の方はハーフで。こちらは三河しろたまりという白醤油を使用したタレ。
結構スープの表情は変わり、塩ラーメンのような雰囲気。上品な味わいですね。
やや単調に感じられ、私は黒の方が好み。

様々な拘りの中に、分かりやすい美味しさも追求した組み立て。
あとは好みですが、私はやや外れるかなと。

音麺酒家 楽々

夜はお酒も楽しめるダイニングバースタイルでの営業。飲んだ後の〆なら、淡麗系を試してみたいところ。

音麺酒家 楽々 ラーメン / 吉祥寺駅

★★★☆☆ 3.0


タグ : 23区外

与ろゐ屋(よろいや)@浅草 - 2010.10.16 Sat

浅草といえば、都内有数の観光名所。ご存知の通り、外国人観光客も多数訪れる地であります。
そんな街の老舗ラーメン店となれば、それは海外の方にとって、まさにラーメン文化の入り口
『日本の顔』ともなる一杯がどんなもんか、確認し評価せねばなるまい!そんな意気込みで入店。

店仕舞い寸前の仲見世。唯一あいていた人形焼の店を素通りしたものの、
「食べる前に買うべきだったかな?」と、実は食事中もずっとモヤモヤしていたのは内緒だ。

らーめん

らーめん(700円)+ふたごの味玉


クーポン利用で味玉サービス。てか、玉子でかっ!
スープは鶏がやや強く効いた動物出汁が主体で、ふわりと魚介が薫るあっさりタイプ。
先日食べた甲斐@久我山にも似た雰囲気だが、旨味のインパクトはこちらの方が上。
柚子の効果もあり、実に軽やかな飲み口。シャープだなあ。キレてますよこれは!

麺

麺はやや縮れた中細タイプ。茹で加減絶妙。柔らかさとコシの具合が好みドンピシャです。

チャーシューは肉厚で嬉しいけど、旨味の薄いモモ肉だし、
双子だけあって巨大な味玉は、ほんのり塩味な七分茹でのゆで玉子なので、正直持て余す。
盛り付けだって全然洗練されてない。でもそれを補って余りあるスープと麺の出来の良さ。

「日本のラーメンはこちらです」

と謳っていただいて、全く差し支えないかと。大変美味しかったです。

メニュー

メインはらーめんとざるらーめんですが、おつまみ系のメニューも充実しています。
月替わりの限定ラーメンも評判のよう。近所ならぜひ通いたい味なんだけどね。

与ろゐ屋

雷門から仲見世を抜けてすぐ。昼間は観光客や修学旅行生で賑わっているようですが、夜の客入りはまばら。
2階席もあり、入りやすいお店ではないかと。

浅草寺

ほんのり観光。夜の浅草も意外と楽しいですね。人形焼、先に買えばよかったよ!

与ろゐ屋 ラーメン / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

★★★☆☆ 3.5

タグ : 台東区

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

ネボケガオ

Author:ネボケガオ
高円寺でおいしいグーグルマップ』より、いまやこちらがメインブログに。身勝手な消費者。東京・杉並→北海道・札幌→東京・杉並(いまここ)。

☆:満足度。4以上はオススメ

検索フォーム

タグクラウド

カテゴリ

家メシ (9)
自作ラーメン (13)
ラーメン(5.0) (12)
ラーメン(4.5) (37)
ラーメン(4.0) (97)
ラーメン(3.5) (124)
ラーメン(3.0) (93)
ラーメン(2.5以下) (27)
ラーメン(イベント) (7)
カフェ (18)
パン・ケーキ (11)
もんじゃ・お好み焼き (10)
パスタ・洋食 (6)
中華・餃子 (7)
カレー (7)
定食 (6)
ハンバーグ・焼肉 (4)
ファーストフード (2)
寿司 (4)
アジアン (1)
うどん・そば (4)
その他 (7)
未分類 (0)
居酒屋 (2)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ランキング勝算なし!


食べログ グルメブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。