2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ :

居酒屋 昭和@板橋 - 2011.07.31 Sun

居酒屋 昭和

とあるGW、こんなの食べるよ!の中の人が毎日のように通っていた居酒屋。
ツイッターのTL越しに、なにやら「穏やかでない」ものを感じて気になっていたのです。

住宅地に青白く光る迷彩柄(?)の入り口・・・。
お察しの通り、『カオスの入り口』でした。

説明書

入店後、まずはカウンターにて入場料(1,050円)を払います。

チケット

入場料と引き換えに、10枚綴りのチケットを受け取ります。
このチケット1枚と料理1品を交換できるシステム。

料理1

そう、料理は全品100円(一部除く)。このショーケースにあるもの、どれも100円です。
驚くべきは、アルコールまで1杯100円という点。生ビールも小ジョッキながら100円!

料理2

サンマや焼鳥、焼そばなんかは、お店のママに伝えるとその場で調理してくれます。
唐揚げは「あっためた方がいいよ゛~」と進言され、セルフレンジを実施。
缶詰類等、一部100円じゃないものもありますが、ほぼ仕入れ価格w

ちなみに行けば分かりますが、このママの雰囲気がお店の全てを物語っていると思いました。

生ハム

手始めに、生ハムサラダと蛤の佃煮をチケット各1枚と交換。
大した量ではないように感じるかもしれません。でも、それが罠なのです

シュウマイ

タン串

シチュー

焼そば

シュウマイに小籠包、タン串2本、続いてシチュー、焼そば。
ここまでの料理でチケット8枚分。

1品ずつ見る分には、正直「値段の割にはすごいなあ」という程度の感想だったのですが、
酒と料理が進むにつれ「なんかおかしいぞ、これ…」に変わっていきます。
そう、花門@上板橋のようにひと目で分かるインパクトでない分、余計にタチが悪いのです!

私のような食が細く、お酒の量もほどほどというタイプの人の場合、僅か千円分のチケットを持て余すでしょう。
しかしそんな時には、一緒に行った仲間、もしくはお店で仲良くなったおっさんに奢ってあげよう。
椅子も用意されていますが、基本はカウンターでの立ち飲みがメインのスタイル。
隣の団体との境界などあってないようなもの。そんな昭和スタイルを楽しめるお店なのです。(上手い事まとまった)

それにしても、板橋はコアな居酒屋の名所だなまったく!
※なお近い将来(忘れた)、チケット値上げ(1,300円くらいに)予定だそうです。それでも十分安いよね

昭和 焼き鳥 / 板橋駅西巣鴨駅新板橋駅

★★★★ 4.0

スポンサーサイト
タグ : 板橋区

めん処 樹(たつのき)@天王町(神奈川県横浜市) - 2011.07.30 Sat

寿々喜家@上星川支那そばや@鶴ケ峰をはじめ、名店揃いの相鉄線沿線。
(たつのき)も評判店のひとつ。店主は隠国(こもりく)@愛川町(未訪)出身とのこと。

平日正午過ぎに到着したところ、7~8人の行列が。
13時過ぎに再度来てみると、終始満席程度の客入りに落ち着いてました。

醤油らあ麺

醤油らあ麺(650円)


鶏・魚介がメインの出汁のキレを生かしたタイプ。醤油の香りも独特。
あっさり、というひと言で片付けきれない、ひっかかる「何か」がありますねー。
旨味の厚さに加えて、香味油や揚げネギが味わいを多層化しているスープ。
無化調を謳ってはいませんが、限りなくそれに近いのではないかな?

麺

何より特徴的なのが、この多加水麺。ツルツルしながら縮れと独特の食感でかなり存在感があります。
どこか喜多方的で、独自進化したような一杯。流行とは距離を置いた、信念が作り出す味ですな。
美味かったです。好みど真ん中ではないですが、こういう物語を想像させるラーメンはやっぱり好き。

メニュー

注文は食券制。圧倒的につけ麺が人気でした。
650円スタートの価格設定にも好感。

めん処 たつのき

相鉄線・天王町駅から徒歩8分。星川駅からも同程度の距離のよう。
2階のガラス窓から見える製麺機が「目印」ですが、この日はよく見えず。

めん処 樹 ラーメン / 天王町駅星川駅西横浜駅

★★★★ 4.0

タグ : 神奈川県

六厘舎TOKYO@東京 - 2011.07.28 Thu

もはや「日本一有名なラーメン屋」とも言うべき存在の六厘舎
濃厚豚骨魚介スープに極太麺、というつけ麺のデファクト・スタンダードを築いたお店。
昨年の夏に大崎本店が閉店し、現在は東京駅のこの店舗が事実上の本店扱い(だよね?)。

本店の復活が待望される昨今ですが、本当に復活するのかな~?
通販や姉妹店の多くが支持を得て、暫定本店のここもアンテナショップ的に絶好調だし、
本店そっちのけで「次の展開」を考えてそうな予感。

ともあれ、今さら感たっぷりながら、いつまでも宿題店として残しておくのもアレゆえ、
念願の訪問達成!勿論、つけめん!・・・ではなく、、

中華そば

中華そば(700円)


濃厚豚骨魚介が飽和状態のいま、「期待通り」をきっちり出してくるところはさすがの貫禄。
大勝軒@東池袋の面影を思いのほかしっかり残している味で、そこはちょっと「おっ」と思わせてくれました。

麺(中華そば)

つけめん程の存在感はないものの、大勝軒とは異なる六厘舎仕様。
絶大なる安定感・安心感。逆に言うと、こんなにワクワクしない行列待ちは初めてかも。

券売機

周囲を見渡す限り、中華そばを注文してたのは私だけでした。
やっぱり素直につけめんが正解でしょ~。(私も、もし次回があればそうします)

六厘舎TOKYO

東京ラーメンストリートオープン当時とは入り口が変わってますね。
今年の春に新店舗4軒を迎えながら、六厘舎の独り勝ちは相変わらず。
平日14時過ぎで食券購入まで30分、そこから着丼まで15分待ちでした。
(写真右の麺箱付近で行列に接続)

とにかく宿題消化の達成感がすごい!フォー!

六厘舎TOKYO つけ麺 / 東京駅京橋駅二重橋前駅

★★★☆☆ 3.5

タグ : 千代田区

らーめん ときん@武蔵新田 - 2011.07.27 Wed

数日間の東京滞在。1軒目は羽田空港方面のお店へ。
・・と思って向かってみたけど、地理的に近いだけでちっとも行きやすくない!
京急蒲田から東急多摩川線乗り換え(JR蒲田駅)って、手間なのね。。

ともあれ、こちらは桂花の流れを汲む熊本ラーメンのお店。
「不定休」という無駄に不安にさせてくれる営業体制ですが、無事やってました。
ちなみに7月は10日・24日(いずれも日曜)が定休日との貼り紙が。(遅くてゴメン)

ときんらーめん 白

ときんらーめん 白(650円)


マー油(焦がしニンニク油)と渾然一体となった状態で登場。
同じく桂花出身のブッダガヤ@緑町とは異なり、強烈な豚骨臭こそ無いですが、
「桂花味」ともいうべきあの独特の風味・中毒性は、やっぱりココにもあった!

修行元はシャバシャバなスープ。その濃度を上げ、きっちりバランスも取れた真面目な一杯。
炙りチャーシューが2枚、たっぷりの生キャベツに、キクラゲ、ネギ。650円でこの内容は素晴らしい!
(さらに生キャベツ増量・生にんにく・味濃いめ・油多めも無料サービスだそうな)
キャベツが合うスープだなあ、ほんとに。

麺(ときんらーめん 白)

麺は桂花スタイルとは異なりますね。それより細めでやや加水の高いタイプ。
ねっとりとスープが絡んでこれはこれで美味しいですが、
桂花、あるいは大石家@淵野辺のような麺でならもっと美味そうです。

メニュー

熊本ラーメンの他、豚骨魚介の背脂醤油という、そしてつけめんも。
基本のはひとまずおすすめ。桂花出身者はハズさないなあ。(まだ2軒しか食べてないだけか)

らーめん ときん

武蔵新田駅から徒歩2分。東急多摩川線に次乗る機会はあるのか。

ときん ラーメン / 武蔵新田駅千鳥町駅下丸子駅

★★★★ 4.0


タグ : 大田区 ご当地

自作ラーメン(家二郎・仙川麺編) - 2011.07.26 Tue

東京を離れてしまい、今まで身近だったお店がなくなってしまったのは痛手。
ラーメン二郎蒙古タンメン 中本天下一品家系ラーメンなどなど。。
二郎インスパイアのお店は札幌にもあるわけですが、なかなか思ったような味に出会えないのが実情。

だったら作ったらいい。

寸胴 煮豚
麺茹で スープ

詳しい手順は、ほぼ完成形のレシピがあるのでそちらをご参照ください。
今回は半量で作りましたが、それでも4杯分のスープができました。
ブタは冷凍庫に眠ってたバラブロックを使ってみました。肩ロースのがオススメ。
乳化系が大好きなので、完成直前に脂をザルで漉して攪拌しました。

そして今回は何より、仙川店で入手した二郎麺を使用!!
表面が多少溶けた柔らかめがベストと思っているので、7分程茹でてみました。
市販の麺なら、山岸麺を使うと、いごっそう@東伏見ぽくなるのでそれも良いでしょう。

盛り付け

麺量が自由に調節できるのも家二郎の素晴らしさ。1杯150gと超適量で。
盛り付けのオペレーションは何度やっても、忙しくて難しいです・・。
あ、とりあえず写真撮らなきゃいいのか。

家二郎

ラーメン小、ニンニク(時価)


マイルドかつ豚らしいスープ。ほんのり生姜も効かせてみました。
本家と思えば上品ですが、インスパイアとしてはトップクラスに似てる自信あり。
何しろ麺は本物ですし・・。やっぱり美味いな~二郎の麺。
亜流のお店だと麺で大体ガッカリするのだよね。麺の研究もぜひがんばってほしいなあ。

手間は掛かるけど、自作ラーメンを楽しみつつ、好みの味が食べられるのでたまには良いですよ!
次は天一あたりを自作せねばなるまいか・・・。


■参考資料


ジャンク・ガレッジ、ぽっぽっ屋のレシピなど。家二郎の指針になる情報あり。



■過去の自作記録


よろしければこちらもどうぞ
第1回 自作ラーメン(家二郎編)
第2回 自作ラーメン(喜多方編)
第3回 自作ラーメン(八王子編)
第4回 自作ラーメン(鶏塩&和歌山編
第5回 自作ラーメン(お塩を学ぶ会)
第6回 自作ラーメン(京都・背脂醤油編)
第7回 自作ラーメン(とみ田インスパイア編)
番外編 鯵のなめろう和え麺
第8回 自作ラーメン(背脂豚骨煮干し編)
第9回 自作ラーメン(家二郎納め 2010) タグ : 二郎

旭川らーめん けいと@北24条(北海道札幌市北区) - 2011.07.24 Sun

北24条駅前の旭川ラーメンのお店です。特に前情報なく入店。
暖簾には定番の「加藤ラーメン」の名前あり。

醤油ラーメン

醤油ラーメン(650円)


ラード少なめ、軽やかな飲み口のあっさりスープ。
ななし@琴似がまろやかさを感じるタイプなら、こちらは醤油がシャープに効いた一杯。
鯵的なほろ苦い風味が効いてますが、には感じなかったですね。カエシの違いかな?

麺(醤油ラーメン)

低加水の縮れ麺。おお、これぞ旭川系のイメージど真ん中。
このお店ではやや固め。やはりこの系統は味わい甲斐があるかも。地味だけど美味い。

塩ラーメン

塩ラーメン(650円)


醤油よりも魚介が分かりやすい分、よりすっきりした後口。
胡麻が良いアクセント、には特になっておらず。必然性は感じないかな~。

味以外のところだと、白色蛍光灯系の照明×器の色味の組み合わせが、美味そう度落としてる感。
正統派・クラシカルな味を継承しているのだし、開店当初の見た目の方に、私は惹かれますね。

メニュー

旭川ラーメンが基本ながら、背脂入りなどバリエーション数種。

旭川らーめん けいと

駅から徒歩1分。奥まった飲食店テナント群の中にあります。

旭川らーめん けいと ラーメン / 北24条駅北18条駅

★★★☆☆ 3.0

タグ : ご当地 北海道 旭川系 北区(札幌)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

ネボケガオ

Author:ネボケガオ
高円寺でおいしいグーグルマップ』より、いまやこちらがメインブログに。身勝手な消費者。東京・杉並→北海道・札幌→東京・杉並(いまここ)。

☆:満足度。4以上はオススメ

検索フォーム

タグクラウド

カテゴリ

家メシ (9)
自作ラーメン (13)
ラーメン(5.0) (12)
ラーメン(4.5) (37)
ラーメン(4.0) (97)
ラーメン(3.5) (124)
ラーメン(3.0) (93)
ラーメン(2.5以下) (27)
ラーメン(イベント) (7)
カフェ (18)
パン・ケーキ (11)
もんじゃ・お好み焼き (10)
パスタ・洋食 (6)
中華・餃子 (7)
カレー (7)
定食 (6)
ハンバーグ・焼肉 (4)
ファーストフード (2)
寿司 (4)
アジアン (1)
うどん・そば (4)
その他 (7)
未分類 (0)
居酒屋 (2)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ランキング勝算なし!


食べログ グルメブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。