2011-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ :

麺や 蘭句(らんく)@琴似(北海道札幌市西区) - 2011.10.31 Mon

「鯛だしの塩ラーメン」で注目されるお店。札幌であっさり魚介スープは貴重な存在ですしね。
首都圏では一時期「路地裏系」なんてのが話題になりましたが、ここは「住宅地系」ともいうべき立地ですな。

しお

しお(800円)


豚骨清湯+魚介出汁。魚介には、鯛の干物やホタテ貝柱を使用しているそう。
見るからにあっさりしたスープですが、上品かつキレのある出汁感。
同じ鯛を使ったお店だといつ樹@東京・小作あたりが思いつくけど、全く逆ベクトルのラーメンですね。
素材の個性をインパクトとして活かすというより、正統派な出汁で食わすというところが。

だしの厚みは十分だし、和食的な出汁の解釈で言えばこちらが「正しい」のでしょうけど、
ラーメンとしてはもう一工夫欲しいな~と思っちゃうところ。
たとえば香味油が入るだけでも、印象はだいぶ変わるでしょうね。

麺

加水高めの熟成麺を柔らかく仕上げた「存在感の薄い」麺。(小林製麺だったかな?)
このくらい茹でないとスープに合わないということかと。意外に悪くないと思いました。

巨大な炙りチャーシューは、売りにしてるだけあって美味いですね!
でもやっぱり肉は半分でいいから、油(動物系の)を加えてほしいw
岩海苔の効果がさほどなかったのと、白葱がだいぶ辛かった点はマイナスかな。

メニュー

原価の掛け方を想像すればこの価格設定にも納得ですが、一般的には厳しいでしょうね…。
ただ念のため言っておくけど、しお 美味いですよ。

麺や 蘭句

JR・琴似駅から徒歩10分強。駐車場もありますよ。

麺や蘭句 ラーメン / 琴似駅(JR)八軒駅

★★★☆☆ 3.0



■関連記事


・2011/06 いつ樹@小作
スポンサーサイト
タグ : 北海道 西区(札幌)

麺や けせらせら@百合が原(北海道札幌市北区) - 2011.10.28 Fri

ちょっとした「鶏白湯」ブームが起こっている札幌ですが、その流行を牽引したお店のひとつ。
店主はてつや@西線6条出身だとか。味とともに評判の接客も、たしかにたしかに。

醤油らぁめん

醤油らぁめん(680円)


基本と思われるを差し置き、絵的に惹かれた醤油を。
とろんと粘度のある濃厚鶏白湯。鶏以外も使ってそうで、動物系の旨味がかなり厚め。
醤油だれに香辛料を効かせて、ほんのりスパイシーな味わい。

麺

「低加水のストレート」の定石ではなく、こちらは札幌ラーメンを思わせる黄色い熟成麺。
麺の主張が強すぎないよう食感に工夫(茹で時間?)があります。意外に悪くない組み合わせ。

鶏白湯では、麺屋 菜々兵衛@平和我流麺舞 飛燕@東屯田通と人気店を回ってみたわけですが、
両者が無化調で出汁感を強調する中、こちらは比較的パンチを重視した味作りですね。
いずれも個性が出ていて美味しいですが、市内の「豚骨魚介系」のレベルと比較するともう一歩、かなあ。

ち、ちなみに私は、豚骨ギョカイストでは決してないんだから!むしろ連中には飽き飽きしてるんだからねッ…!!

メニュー

ラーメンの味三種とつけ麺があり。
メニューにはないですが、ラーメンは「セオリー麺」に変更できるぽいです。
ググるといいですよ。

麺や けせらせら

JR・百合が原駅から徒歩7分。定休日前日の臨時休業にフラれた好青年が私です。

麺や けせらせら ラーメン / 百合が原駅太平駅

★★★☆☆ 3.5



■関連記事


・2011/10 我流麺舞 飛燕(ひえん)@東屯田通(北海道札幌市豊平区)
・2011/10 麺屋 菜々兵衛@平和(北海道札幌市白石区)
・2011/07 らーめん てつや 南7条本店@西線6条(北海道札幌市中央区)

■つけ麺もうまいらしいよ。知らないけど


麺や けせらせら つけ麺(塩) (1食入り)

麺や けせらせら つけ麺(塩) (1食入り)
価格:830円(税込、送料別)


タグ : 北海道 北区(札幌)

麺武 はちまき屋@太平(北海道札幌市北区) - 2011.10.27 Thu

すみれ支店での店長経験者が独立したお店。いわゆる「純すみ系」であります。
この系統の中での立ち位置としては、出身店譲りの「濃い」ヤツが出てくる、という所のよう。

正油ラーメン

正油ラーメン(700円)


純すみ系のみそって、またあの感じでしょう?』という心の声に従って正油を。
味の濃さ・油の量・麺の固さの指定も可能な模様。(今回は無指定です)

ラードたっぷり!最後まで熱々!ガツンと濃い醤油!
と、まさにきっとお手本のような札幌ラーメンですね、これは!

麺

黄色麺もシコシコ!まさにきっとお手本のような(以下略

しかしですなあ。中華鍋であおった醤油の香りはたしかに「濃厚」なんけど、でもそれだけなんだよねえ…。
出汁が軽くて、油(香りの後引き)で食わせるわけでもないから、ものすごく単調に感じられますよ。
これはすみれ 本店@中の島でも感じた印象とほぼ同じなので、系統のスタンスなのだろうし、
このお店は正統派の後継店ということでもあるのでしょう。
ただその変わらない姿勢を、僕は「古臭さ」と受け取っちゃいますね。ショボーン。

券売機

価格設定は良心的。トッピングのネギ・キクラゲ・メンマこま切れ肉がリーズナブルに増量可能です。

麺武 はちまき屋

JR・太平駅から徒歩10分。同じ通りには豚ソバ Fuji屋も。(というか、このお店の旧店舗?)

麺武はちまき屋 ラーメン / 太平駅百合が原駅

★★☆☆☆ 2.5



■関連記事


・2010/10 すみれ 札幌本店@中の島(北海道札幌市豊平区) タグ : 北海道 北区(札幌) ご当地 札幌系

凡の風@西線9条旭山公園通(北海道札幌市中央区) - 2011.10.26 Wed

「新・札幌ラーメン」とも形容される路線を打ち出している凡の風
東京の催事へも参加する人気店です。

醤油・白

醤油 白(700円)


看板メニューはですが、今回は醤油の白を。いずれもスープは鶏がら+魚介だそう。
厚めの油層が「札幌らしさ」を演出してますが、セロリやハーブ(バジル系)薫るスープは洋食的な解釈。
札幌系の王道路線と異なるのは、より明確にラードを香味油として扱っているところ。
揚げネギによる変化など、レンゲをすくう箇所によって味が変わるのも面白いです。
醤油の主張は大人しめで、出汁とオイルの香りを楽しむ雰囲気の一杯。

麺

最近麺を変えたそう。定番スタイルよりも白味が強く、ややモサッとした食感。
コシの強さよりも馴染みを重視した雰囲気の麺ですな。

ご当地ラーメン、中でも三大ご当地<札幌・博多・喜多方>と呼ばれるラーメンには、
ある種の「古臭さ」が付きまといます。(もちろんそれが「味」でもあります)
このお店では独自のアレンジでそこを解消している印象ですが、
一方で、札幌ラーメンというカテゴライズがしっくり来ない気もするんですよね。

「準・札幌ラーメン」くらいがちょうどいい。うん、ちょうどいい。

うん…。ちょうどいい!

メニュー

醤油にはもあり、そちらは豚骨+鶏の動物系のみのようです。
味噌はトリプルスープと、今回とは印象も変わりそう。これはちょっと食べてみたいかな~。

凡の風

三四郎てつやも徒歩圏内という人気店ひしめくエリア。
昨年末、移転オープンしたばかりの新店舗。モダンだな。シャレてんな。

凡の風 ラーメン / 西線9条旭山公園通駅西線6条駅西線11条駅

★★★☆☆ 3.0



■自宅でも。うん、ちょうどいい


凡の風 塩 (1食入り)

凡の風 塩 (1食入り)
価格:680円(税込、送料別)


タグ : 北海道 中央区(札幌) ご当地 札幌系

我流麺舞 飛燕(ひえん)@東屯田通(北海道札幌市豊平区) - 2011.10.25 Tue

2010年オープンながら、早くも「人気店」の仲間入りを果たした感のある話題店。
無化調の鶏白湯スープを軸にしたメニュー構成のようです。

鶏塩白湯

鶏塩白湯(750円)


油の存在を忘れるほどに、軽やかなすっきりスープ。(入っていないという意味ではありませぬ)
でも鶏はしっかり濃厚。鰹中心に魚介を効かせていて、非常にキャッチーな味作り。
ネギと刻みタマネギ、そしてエビとホタテのフレークの飽きさせない工夫も。
チャーシューはどこか生姜焼き風の香ばしい味付け。肉厚で柔らかなメンマだっていかにもこだわりを感じます。

麺

小林製麺の中太ストレート麺。固め仕上げで好印象。

私がこのラーメンに感じるのは、とにかく「分かりやすさ」に徹底した一杯だということ。
あえて言ってしまえば、「スガキヤ」的なテイストだと思うんですよね。
これは別にdisではなくて、つまり幅広い層に支持され、「当たる」要素を持っているということだと思うのです。

スガキヤが支持されるのは、ラーメンそのもののクオリティなんかじゃなく、
保守的な客層にも受け入れ可能な、「旨さ」と「味わい(魚出汁)の濃さ」による「味作りの上手さ」にあります。
このお店はそれを「ラーメン屋のラーメン」として昇華させたようなイメージ。
ラーメン文化に関しては、やや保守的な印象のある札幌(一部ラヲタは除く)においても、
味的な相性さえ合ってしまえば、受け入れられる素地があるんじゃないかと感じます。
実際、年配の女性客も居たしね。

某雑誌で『この手の味がいずれ流行っちゃうゾ』といった趣旨の店主コメントを読みましたが、
ラヲタにウケる「こだわり」を打ち出しながらも、
一般客層に対するアピール(商売上は当然こっちのが重要)に自覚的な方なのかな~と。
まあ、全部スガキヤ県出身者の想像ですけど!

メニュー

メニューもなにげに豊富ですごい。ひとつのスープをベースに、鶏油や魚介あり・なしの組み合わせでしょうかね。
限定メニューにも精力的。これだけ揃ってると、他の味も確認してみたい気持ちにさせられるなあ。

我流麺舞 飛燕

ネックは駅から遠い点でしょう。市電駅から15分、南北線・澄川駅からは20分弱といったところ。
車で来いってことだよね。愚問だよね。

我流麺舞 飛燕 ラーメン / 幌南小学校前駅東屯田通駅澄川駅

★★★☆☆ 3.5



■関連記事


スガキヤ 豊橋ココラアベニュー店@豊橋(愛知県豊橋市)

■ワンランク上のスガキヤをお求めの方へ


我流麺舞 飛燕 鶏塩白湯らーめん (1食入り)

我流麺舞 飛燕 鶏塩白湯らーめん (1食入り)
価格:780円(税込、送料別)


タグ : 北海道 豊平区(札幌)

自然派ラーメン処 麻ほろ 札幌ステラプレイス店@札幌(北海道札幌市中央区) - 2011.10.23 Sun

小樽の人気店「麻ほろ」の支店。天然素材、無添加・無化調にこだわったラーメンがウリだそう。
メニューはあっさり系・こってり系の二本柱で、それぞれ醤油・塩を基本とした構成。

あっさり醤油

あっさり醤油(700円)


鶏がらをベースに、羅臼昆布・椎茸・鰹の和風出汁を合わせたあっさりスープ。
お吸い物を思わせる上品な出汁の味わいはまさに「和」。
かなり後引く旨味の波とオイルによる動物要素の下支えもあって、物足りなさ皆無。
さらに言うと、無化調の鼻につく感じがなくてイイ。

麺

スープに馴染むタイプの縮れ麺。斬新さではなく、正統派の美味しさを味わえる一杯といったところ。
駅ビル集合施設内の店舗ですが、このレベルの味が食べられるのは満足。

こってり醤油

こってり醤油(750円)


こちらは豚骨出汁に背脂が入るこってりスープ。
魚介が強めに主張する豚骨魚介系ですが、醤油だれの風味と甘味が効いて独特な味。
あっさりが比較的よくあるタイプの味の作りなら、こってりは個性派ですね。
ただこちらは何かぼんやりしてて、あっさりの方が「よく出来てる」印象かなー。

メニュー その1メニュー その2

基本メニュー以外に、味噌や油そばも。大盛りの提供はなし、とのこと。

自然派ラーメン処 麻ほろ

ステラプレイスの6階グルメフロア。まずまず好感触。本店訪問も「アリ」ですね。

自然派ラーメン処 麻ほろ 札幌ステラプレイス店ラーメン / 札幌駅(JR)さっぽろ駅(札幌市営)北12条駅

★★★☆☆ 3.5

タグ : 北海道 中央区(札幌)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

ネボケガオ

Author:ネボケガオ
高円寺でおいしいグーグルマップ』より、いまやこちらがメインブログに。身勝手な消費者。東京・杉並→北海道・札幌→東京・杉並(いまここ)。

☆:満足度。4以上はオススメ

検索フォーム

タグクラウド

カテゴリ

家メシ (9)
自作ラーメン (13)
ラーメン(5.0) (12)
ラーメン(4.5) (37)
ラーメン(4.0) (97)
ラーメン(3.5) (124)
ラーメン(3.0) (93)
ラーメン(2.5以下) (27)
ラーメン(イベント) (7)
カフェ (18)
パン・ケーキ (11)
もんじゃ・お好み焼き (10)
パスタ・洋食 (6)
中華・餃子 (7)
カレー (7)
定食 (6)
ハンバーグ・焼肉 (4)
ファーストフード (2)
寿司 (4)
アジアン (1)
うどん・そば (4)
その他 (7)
未分類 (0)
居酒屋 (2)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ランキング勝算なし!


食べログ グルメブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。