2011-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ :

支那そば りょうたん亭@方南町 - 2011.12.29 Thu

支那そば

支那そば(600円)


食べ歩きを続けていて、「好み」とは別に、「苦手」な味・タイプのラーメンがあるのではないかと思うことがあります。
口コミで評判の店が必ずしもレベルが高いとは限らないし、自分の口に合うかどうかはもちろん別問題です。
ただ中には、自分が信頼を寄せる人たちが揃って高評価をつけているのに、自分にはどうもそれが「分からない」。
別の言葉でいえば、「難しい」ということになるでしょうか。そういう味がある。
分かりたいという気持ちが強いお店が好みでない場合に、そう感じるだけかもしれないけど。

私にとって分かりにくい味の代表格は、69'N'ROLL ONE@東京・町田(移転前)七彩@東京・都立家政あたり。
いずれも超人気店ではあるものの、はっきり言ってこれらのお店を皆が絶賛するのには違和感があるんです。
『フリークなら分かるでしょ?』という踏み絵になってるだけじゃないの…?という感じのね。

一方で、『とはいえ確かにスゴそうだ』という感覚が自分の中にもあったりするわけです。
『好みじゃない』のひと言で安易に片付けることへの抵抗感。分かるもんなら分かりたい。でも今は分からない。
そしてそれはこちら側の、圧倒的教養の不足が原因なだけでは?という疑惑。
その感覚を率直に表現するとしたら、「難しい」という他ない気がしています。

りょうたん亭は完全にノーマークで、私の師匠の師匠筋がプッシュしているとの話で行ってみたお店。
基本はたんたん亭系の流れを汲んだ一杯で、いしはら@東京・西荻窪に近い印象の魚介ダシじわじわ系。
油に頼らず、不自然さ皆無の旨味、ダシのキレの良さ。たしかに美味いし、ちゃんとしている。
ただ自分なら、この味を優良店として「発掘」はできないだろうと思うのです。つまり難しい。
この引っかかりの無さを、いつか「おっ!」に変えられる時は来るのか、
あるいは「やっぱり好みじゃなかっただけだね」と納得することができるのか。
このモヤモヤを解くことが、食べ歩きを続ける楽しさのひとつでもあるのです。
って、、ラーメンごときですげー面倒くせえ趣味になってるなア!

麺 支那そば りょうたん亭

りょうたん亭ラーメン / 方南町駅

★★★☆☆ 3.5



■参考記事


・2011/05 支那そば いしはら@東京・西荻窪
・2011/03 支那そば たんたん亭@東京・浜田山
スポンサーサイト
タグ : 杉並区 たんたん亭系

二代目 にゃがにゃが亭@三河島 - 2011.12.27 Tue

中華そば

中華そば(680円)


とら食堂@千葉県・松飛台で久々に開いた「北関東の入り口」の扉。翌日も引き続き白河ラーメンが食べたくなるわたし。
にゃがにゃが亭@東京・一之江の二代目が、とら食堂に短期留学ののちに昨年末はじめたお店へ。

もしや丸鶏?と思わせる、肉系の旨味に溢れた系のスープ系。(もうなにがなんだか)
とら食堂出身者の孫市@東京・西国分寺一番いちばん@東京・町田と比較して、ここが一番本家に忠実な印象。
その上で、キリッと薫る醤油やいかにも「手打ち!」感満載の多加水ピロピロ麺と、
本家以上に「分かりやすくうまい白河ラーメン」ではないでしょうか。

と同時に、本家の持つ重厚感や熟練度、そこにある凄さを追認できた一杯でもありました。
「北関東の入り口」としておすすめの一軒が増えたことは嬉しい限りです。
ミ,,゚Д゚彡にゃがにゃが

麺 券売機 二代目 にゃがにゃが亭

中華そば 二代目 にゃがにゃが亭ラーメン / 三河島駅新三河島駅荒川区役所前駅

★★★★ 4.0



■参考記事


・2011/12 とら食堂 松戸分店@松飛台(千葉県松戸市)
・2011/05 白河手打中華そば 一番いちばん@東京・町田
・2010/11 白河中華そば 孫市@東京・西国分寺 タグ : 荒川区 ご当地 白河系

とら食堂 松戸分店@松飛台(千葉県松戸市) - 2011.12.26 Mon

ワンタン麺

ワンタン麺(800円)


2011年、9月。名店 とら食堂@福島県白河市の支店が関東へ進出。
福島県は喜多方・白河・会津とご当地ラーメンのメッカ的存在ですが、件の汚染事故の影響は当然大きいでしょう。
果たしてあのエリア一帯の文化継承はどうなってしまうのか?そう誰もが不安を感じた矢先の松戸分店オープン。
そこに込められた決意を思うと、北海道の自宅でひとり胸アツであります。

今回は、成田空港からとら食堂への直通便(成田スカイアクセスとか言うやつ)を利用してお店へ到着。
す、空いてる・・!あの大行列で有名なお店の支店が、高円寺らーめん横丁並の客入りとな・・!(平日夜とはいえ)

軽快でキレのある鶏豚ダシに、バシッと立った醤油の香り。
ここまでダイレクトに醤油を感じるラーメンは初めて!という位のインパクトあり。
醤油のあとにはダシと油の旨さが折り重なってやってくる感じ。いい感じ。超いい感じ。
独特の滑らかさと弾力性を併せ持つ手打ち麺は、過去食べた白河系の中で、最も手打ち感が「薄い」という意外さも。
勝手に想像するに、麺打ちの熟練度が高いゆえ、逆に手作り感が薄いのではと。
ともあれ、皮がメインのちゅるちゅるワンタンも醤油色に染まる麺も、実に美味いです。

叉焼も含め、一杯の満足度がかなり高い!もっと「分かりにくい」のを想像してたのですが、関東仕様なのかなあ?
接客もすばらしいし、ここはぜひ流行ってほしいです。(都内からだとちょっと遠いのが難点だけど)
帰りがけ暖簾をくぐりながら、『がんばろう福島』と無防備に漏らしてしまった。
とら食堂、おそろしい子・・!

麺 とら食堂 松戸分店 メニュー

とら食堂 松戸分店ラーメン / 松飛台駅

★★★★ 4.5



■参考記事


・2011/05 白河手打中華そば 一番いちばん@東京・町田
・2010/11 白河中華そば 孫市@東京・西国分寺 タグ : 千葉県 ご当地 白河系

梅光軒 新千歳空港店@新千歳空港(北海道千歳市) - 2011.12.20 Tue

醤油ラーメン ハーフサイズ

醤油ラーメン ハーフサイズ(500円)


1週間ほど上京してきました。しばらく東京滞在編が続く予定です。その前に新千歳での一杯を。
新千歳空港にあるラーメン道場ですが、いやあ、、なかなか魅力の薄いラインナップですね。
と思いつつも食べてしまうところに己の哀しさがあるわけですけど。今回は旭川ラーメンの有名店をチョイス。
旭川の本店は課題店のひとつだし、ひとまずここで雰囲気を掴んでおこうかしらと。

サラッサラの白濁スープ(動物+魚介)に味醂の甘味が効いた醤油だれ。
固めに仕上げた麺は、辛ラーメンのような縮れの「節」とモソッとした食感のある低加水麺。

この店舗がどれだけ本店の味を再現できているかはさておき、古臭いラーメンだなあというのが率直な印象。
呼び込み文句の『ラーメン大賞を受賞した歴史あるお店です!』だって、もう20年近く前のお話。
「まるで100円ライター」――梅光軒の顔とも言える極太メンマも、今となっては珍しさはないし。
もちろん過去の輝かしい功績は意義深く、歴史を感じるには必須の味であること。それは疑いねーんです。
ただ10年代のわれわれ消費者にとっては、ごくごく「普通」ランクのお店になってしまったかなと。

純粋に美味い旭川ラーメンを求めるなら、たとえばかとうらーめん@稲積公園の系統の方が楽しめると思いますね~。
それでも私はいずれ本店にも食べに行くのでしょうけど・・。(コレクターなので)

麺 梅光軒 メニュー

梅光軒 新千歳空港店ラーメン / 新千歳空港駅

★★☆☆☆ 2.5



■自宅で古臭さを味わいたい奇特な人へ



■参考記事


・2011/11 元祖旭川 かとうらーめん 本店@稲積公園(北海道札幌市手稲区)
・2011/10 らぁめん銀波露 新千歳空港店@新千歳空港(北海道千歳市)
タグ : 北海道 道内(札幌市外) ご当地 旭川系

麺屋 やしち@美園(北海道札幌市豊平区) - 2011.12.19 Mon

九州テイストを彷彿とさせる豚骨ラーメンを出すお店。札幌のマイノリティ。
前評判としては、「味はイイ。でも接客がヒドイ」といったところ。ガクブル。

醤油らーめん

醤油らーめん(700円)


博多・長浜系ぽいようなぽくないようなビジュアルですが、初めて食べるタイプの味。
まず特徴的なのは甘味が立った醤油だれ。独特さを印象付けてきますねえ。
肉や脂は極力排除して骨から採った風な豚骨スープはサラサラ。そしてダシ感まずまず。
無化調らしくインパクトはありませんが、うん、、インパクトはありませんね!
えーと、正直ちと物足りないです。カエシの甘味は、旨味やコクを補う要素として使われてる気がしなくもないな~。

麺

麺は小林製麺だそう。低加水ストレートの細麺ですが、ツルツル滑らかで、エッジの効いた食感もある面白い麺。

濃い(臭い)豚骨ラーメンが美味いわけじゃないし、土地柄的にもこの「優しい味」の方に勝機を見ているのでしょう。
まあしかし、くわんくわん@神奈川県・瀬谷のような「優しい」だけじゃない(圧倒的ダシ感の)一杯もあるわけで、
そこからすると「優しいお味でした♪」とお茶を濁しておきたくなってしまう次第です。

ちなみに接客は、良くはないけどまあ普通でしょう。というか北海道のスタンダードがこのお店くらいのイメージw
まったく。ビビって損しましたよ。

メニュー

このお店も三味揃えてますね。おそるべし北海道・・・。コチュジャンラーメンてのも初めて見たぞ。

麺屋 やしち

地下鉄東豊線・美園駅から徒歩2分。駅を出て反対側に行けば、彩未@美園もある通りですよ。

麺屋 やしちラーメン / 美園駅豊平公園駅

★★★☆☆ 3.0



■参考記事


・2011/09 麺屋 彩未(さいみ)@美園(北海道札幌市豊平区)
・2011/04 くわんくわん@神奈川県・瀬谷 タグ : 北海道 豊平区(札幌)

横浜家系らーめん 三元@琴似(北海道札幌市西区) - 2011.12.13 Tue

札幌に移住して困ることのひとつだったのが「家系ラーメンを食べられない」ということ。
かつて六角家@神奈川・東白楽の支店や、百麺@東京・経堂出身者が出店していた時期もあったようですが、いずれも撤退。
完全別路線の山岡家を除けば、札幌は家系インスパイアすら存在しない地域でした。

そこへ先月登場したのがこのお店。
メニューを見る限り、「いかにも家系らしくない(インスパイアぽい)」ですけど、
『いま一番食べたいもの=家系ラーメン』
な私としてはチェックせざるをえません。

らーめん

らーめん(680円)


あら、予想以上にそれっぽい。武蔵家@東京・新中野 → 武道家@東京・中野の系統に近い雰囲気のスープですね。
ガッツリ乳化させたマイルドなタイプ。ちょっと旨過ぎな感はあるけど、悪くないです。

麺

ご当地系の味を他地域で再現する際にネックになるのが麺ですよね。
こちらは地元の小林製麺製で、しかも家系ラーメンとは全く違うタイプの麺を選択。
開店当初はもっと「それっぽい」麺を狙っていたように見えたけど、変更したのかな?
そうだとすれば、「あえて」この中細ストレート麺なのでしょうと推察。

製麺所の持ち味的に再現が難しい、という点以外にも、
・亜流系スープだけに、独自の味を目指す方が功を奏する可能性アリ
・そもそも札幌人には家系ライクな麺は受け入れられづらい
といった事情も考えられるし、潔さすら感じなくもないです。

実際、私はこの麺は「アリ」だと思います。(家系として食べなければOK)
とにかくこのエリアでは貴重な味でしょう。がんばって生き残ってほしいなあ。

メニュー

無料でライスのサービスあり。メニュー構成的には、このへんにも似てますね。

横浜家系らーめん 三元

地下鉄東西線・琴似駅から徒歩5分ほど。近所なら月いちペースもあったかも。
というくらいには、家系に飢えている私。

横浜家系らーめん 三元ラーメン / 琴似駅(札幌市営)二十四軒駅

★★★☆☆ 3.5



■参考記事


・2011/12 山岡家 狸小路4丁目店@すすきの(北海道札幌市中央区)
・2011/10 家系総本山 吉村家@横浜(神奈川県横浜市)
・2011/07 六角家 六角橋本店@東白楽(神奈川県横浜市)
・2011/01 武蔵家 本店@新中野
・2010/12 二代目 武道家@中野 タグ : 北海道 西区(札幌) ご当地 家系

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

ネボケガオ

Author:ネボケガオ
高円寺でおいしいグーグルマップ』より、いまやこちらがメインブログに。身勝手な消費者。東京・杉並→北海道・札幌→東京・杉並(いまここ)。

☆:満足度。4以上はオススメ

検索フォーム

タグクラウド

カテゴリ

家メシ (9)
自作ラーメン (13)
ラーメン(5.0) (12)
ラーメン(4.5) (37)
ラーメン(4.0) (97)
ラーメン(3.5) (124)
ラーメン(3.0) (93)
ラーメン(2.5以下) (27)
ラーメン(イベント) (7)
カフェ (18)
パン・ケーキ (11)
もんじゃ・お好み焼き (10)
パスタ・洋食 (6)
中華・餃子 (7)
カレー (7)
定食 (6)
ハンバーグ・焼肉 (4)
ファーストフード (2)
寿司 (4)
アジアン (1)
うどん・そば (4)
その他 (7)
未分類 (0)
居酒屋 (2)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ランキング勝算なし!


食べログ グルメブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。