2012-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ :

ドラムカンスープ 天鳳@すすきの(北海道札幌市中央区) - 2012.02.29 Wed

正油ラーメン

正油ラーメン(750円)


「一三五」で局所的に有名な天鳳@六本木。その本家にあたる存在。
「一三五」とは、いわゆる「カタメ・濃いめ・多め」のこと。こちらでは一般客には提供しない裏メニューみたい。
閑散としたラーメン横丁の中では、そこそこ客入りの良いお店。滞在中、常連客もチラホラと。

小鍋の中のスープは結構濃厚そうな色合い。しかしまあ、「昔ながら」というより「昔そのもの」・・・?
スープがしょっぱめ。なるほど、その分チャーシューに味がないのだね。という塩分総量保存の法則的なバランス。
ネギの辛味鋭く、メンマはきっとプロ(業務)仕様。ひとくち目の曖昧な印象から、終始一貫して表情を変えぬ硬派なやつ。
随分進化したんだね。ラーメンて。

麺 メニュー ドラムカンスープ 天鳳

ドラムカンスープ天鳳ラーメン / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)豊水すすきの駅

★★☆☆☆ 2.5



■参考記事


・2012/02 特一富屋@すすきの(北海道札幌市中央区)
スポンサーサイト
タグ : 北海道 中央区(札幌) ご当地 旭川系

えびそば一幻 新千歳空港店@新千歳空港(北海道千歳市) - 2012.02.22 Wed

えびしお

えびしお・あじわい(750円)


つい寄っちゃう空港のラーメン道場。相変わらずヒキは全くないのに。
道場内では評判店のようですが、甲殻類苦手ゆえ、「良い意味での裏切り」に期待してみた次第。
結果、全く裏切らない熱いヤツだったわけですが!!

というか、海老云々は置いといても、えびスープに足したとんこつスープがインスタントチッキーで、
完全にあの名作。カップヌードル・シーフードを連想させる「あじわい」。エビフレークは、後のせサクサクのアレ。
そもそも。具材の水没したビジュアルに、この一杯にかける思いの程が見える。
かもしれないし、もしかしたらそういう目で見る人はいるのかもしれませんね~~。
私としてはそーゆの全然気にしないんだけどね~~。

とか言うやつ腹立つ。

麺 メニュー えびそば一幻


えびそば一幻 新千歳空港店ラーメン / 新千歳空港駅

★★☆☆☆ 2.5



■関連記事


・2012/02 麺屋 開高 新千歳空港店@新千歳空港(北海道千歳市)
・2011/12 梅光軒 新千歳空港店@新千歳空港(北海道千歳市)
・2011/10 らぁめん銀波露 新千歳空港店@新千歳空港(北海道千歳市) タグ : 北海道 道内(札幌市外)

めとき@新大久保 - 2012.02.17 Fri

小盛中華麺

小盛中華麺(820円)


半年程の休業を経て1月末に営業再開。このタイミングを逃すまいと訪問することに。
丁度1年くらい前、「13時半に到着→早仕舞いでフラれる」のあと、ずっと宿題店になっていたのですよね。

手割りの氷で出されるお冷。自席に用意された小皿に代金を置くのがここのスタイル。
そして出身店である永福町大勝軒の流儀に従って、麺は並盛で2玉分。小盛(50円引き)もあるのが嬉しいです。
大勝軒の面影は感じさせつつも、魚介はより強調&ラードは控えめと、結構印象の異なる一杯になってます。
シャープな煮干しダシや旨味はなかなか過激で、ジャンクなあっさり路線という感じ。
コリコリのメンマ、ロースチャーシューはともに地味ながら、文字通り「味のある」具材なんだな~。

取材拒否の有名店は、親父さんが1人で回す小さなお店。
本家の気張った要素をそぎ落としたような「近所の距離感」と、美味さの対比も人気の一因なのでしょう。
席を立つお客さんひとりひとりから、親父さんへの親愛の情のようなもので満たされたのが伝わってきました。
大勝軒のがツボには近い私もまた、「来て良かった」とやはり何かに満たされて帰るのです。

ああ、オッサンホイホイ。もとい癒しスポットよ永久(とこしえ)に。

麺 めとき


めときラーメン / 新大久保駅大久保駅東新宿駅

★★★☆☆ 3.5



■参考記事


・2012/1 永福町大勝軒@東京・永福町 タグ : 新宿区

永福町大勝軒@永福町 - 2012.02.15 Wed

中華麺

中華麺(1050円)


複数ある大勝軒の流派。そのひとつである「永福町系」
麺もスープも他店の倍はあるボリュームで、洗面器のような丼と巨大なレンゲで登場。
ラードに覆われた激熱スープ。煮干しや動物系の素材が大量に使われていることが分かる重厚感。
キレのある醤油とダシのコンボは旨味満点で、予想外に中毒性の高い味わい。
オイリーという一面を度外視しても、「あっさり」とは安易に括れない雰囲気がありますね。

麺はこの系統御用達の草村商店製。麺自体はクラシカルでどうということないのだけど、「これじゃなきゃイヤ」系。
スープへの馴染みが抜群の茹で加減。ただやたらと量がある(280g)ので、伸びちゃうのは不可避~!
香りの強い柚子皮も、この容量を前に実に適度な主張をしてくれる存在にw

『適正価格』を宣言し、しっかり原価を掛けその分を価格に反映する、ある種全うなスタンス。
いまのマーケットの中では「勝者だからできる戦略」なだけに、よりこのお店の存在が際立ってる感じがします。
ハーフサイズがあればなあ。とは素朴に思いますが、こういうわが道を行くお店が生き残っていくのは面白い。

飲食業界では異例の好待遇だけど「身長は170cmまで」の募集条件とか。
「よその家では便所を借りるな」という父の教えゆえ、我々もトイレ貸してもらえないとか。
とにかく味わい深いお店なのです。そして美味しかったです。

麺 メニュー 永福町大勝軒


永福町大勝軒ラーメン / 永福町駅西永福駅明大前駅

★★★★ 4.0



■参考記事


・2012/02 めとき@東京・新大久保
・2011/04 必勝軒@千葉・津田沼(千葉県習志野市)
タグ : 杉並区

麺屋武蔵 虎嘯(こしょう)@六本木 - 2012.02.13 Mon

ら~麺

ら~麺・こってり・並盛り(800円)


麺屋武蔵グループ11軒目の新店。創業当時の味を再現したとのことで、評判も上々。
キャリアの浅い私にとっては、歴史の擬似体験をする意味でも押さえておきたいお店でした。

あっさり/こってりからの選択、麺は並・大盛りともに同料金。
魚介ダシ、醤油の香りとコクが重層的に薫るクリアなスープ。
後引き抜群だし、物足りなさも皆無。ゆず皮がとても良く合う上品な一杯ですな。
カネジン製の平打ち麺もスープを纏う絶妙の仕上がり。
ロースハム系のチャーシューは好みじゃないけど、具もまずまずの満足感ありです。

ありがちなぼんやり魚介系ラーメンを懸念して「こってり」を選んでしまったけど、
油が野暮ったく感じる程にダシが素晴らしいし、むしろ「あっさり」で食べてみたかった!
和風ラーメンの括りでなら、最上位クラスではないでしょか。

どの文化にも歴史を再評価する動きというものはあるもので、それはむろんラーメン文化も同様です。
過去を知るファンには懐かしさを、そして新しいファン層にはルーツに触れるキッカケを。
味だけでなく、そうした意味でも、幅広い層が楽しめるラーメンと言えるかも。
世代交代が成された感はさすがに否めないものの、「麺屋武蔵は未だ健在」と存在感を示す一手になりそうです。

麺 券売機 麺屋武蔵 虎嘯


麺屋武蔵 虎嘯ラーメン / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

★★★★ 4.0



■参考記事


・2009/07 麺屋武蔵 武仁@東京・秋葉原 タグ : 港区 麺屋武蔵

Bee Hive 六本木店@六本木 - 2012.02.11 Sat

塩ラーメン\

塩ラーメン"naminori"(850円)


九十九里にある有名店が都内に支店をオープン。本店も僻地なら、こちらも六本木の奥まった立地。
お店選びの参考にしている数名の間でも、絶賛と酷評に分かれており、「基準」を判断しかねるお店でした。
抜群に美しいビジュアル、オシャレさ全開の店舗と、評価せずに居られない要素は満載ですが、
私にとっては「良さがひまひとつ分からん」が正直な感触。ちゃんと美味いのですけどね。
素材、その他諸々に対する強烈なこだわりを思うと、感情が湧きにくい味。というか。

69@東京・町田的アプローチでもあり、玄人向け、或いは「分かりにくい」ラーメンではありそう。
その意味では、(確かにあるかもしれない)ポテンシャルを感じ取れなかった悔しさがなくはないです。後味の悪さはそれか…!
とはいえ、ある程度「分かりやすさ」を打ち出してるトコの方が個人的には好きだし、致し方ないですね~。
少なくともメディアで盛り上がってる程には、幅広くウケるラーメンじゃないと思われます。

「オシャレすぎて居た堪れない・・><」という点とは別に、不慣れにも見えるオペレーションや、
こちらが労いたくなるほどに疲労感が伝わってきたのも、何かしら影響あるかもしれませんけど、致し方ないですね~。

麺 BeeHive メニュー

BEE HIVE 六本木店ラーメン / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

★★★☆☆ 3.5



■参考記事


・2010/08 69'N'ROLL ONE(ロックンロールワン)@東京・町田(移転前) タグ : 港区

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

ネボケガオ

Author:ネボケガオ
高円寺でおいしいグーグルマップ』より、いまやこちらがメインブログに。身勝手な消費者。東京・杉並→北海道・札幌→東京・杉並(いまここ)。

☆:満足度。4以上はオススメ

検索フォーム

タグクラウド

カテゴリ

家メシ (9)
自作ラーメン (13)
ラーメン(5.0) (12)
ラーメン(4.5) (37)
ラーメン(4.0) (97)
ラーメン(3.5) (124)
ラーメン(3.0) (93)
ラーメン(2.5以下) (27)
ラーメン(イベント) (7)
カフェ (18)
パン・ケーキ (11)
もんじゃ・お好み焼き (10)
パスタ・洋食 (6)
中華・餃子 (7)
カレー (7)
定食 (6)
ハンバーグ・焼肉 (4)
ファーストフード (2)
寿司 (4)
アジアン (1)
うどん・そば (4)
その他 (7)
未分類 (0)
居酒屋 (2)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ランキング勝算なし!


食べログ グルメブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。