2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ :

スポンサードリンク

自作ラーメン(家二郎納め 2010) - 2010.12.30 Thu

2010年の自作納め。やはり最後は、初心にかえって「家二郎」でしょう。
大成功だった前回ですが、今年1年の自作経験を生かして、さらなる完成度を目指してみます。
といっても、『材料も手順も、よりシンプルに』が今回のテーマ。

材料

■材料

ゲンコツ 2本(1kg弱)
豚腕肉(肩ロース) 500g強
背脂 500g
にんにく 2個
キャベツ 少量
もやし 盛りたいだけ
生姜 適量
化調(味の素)

山岸麺

大体4~5杯分。写真に写ってないものとしては、生姜と調味料類かな。
自作ラーメンの材料の中でも、やっぱり家二郎が1番テンション上がりますな。

ちなみにブランデーケーキは、ヤマザキパン納め用のアイテムなので、ラーメンには未使用。

豚&ニンニク

二郎の場合、スープの構成的には、肉と脂メインで、骨は少量。
それが圧倒的なコストパフォーマンスの秘密かと。今回はゲンコツ2本使用しますが、割合的にはかなり贅沢な分量。

前回同様に、ゲンコツ1本は追い豚骨用に取っておきます。
解凍以外の下処理は一切せず、豚肉・背脂・骨1本を、圧力鍋で30分加圧+30分保温

その間にカエシとニンニクの準備。
カエシは、安い醤油:みりん風調味料=3:1を合わせて、沸騰直前まで火にかけます。
煮込むと、醤油の香りが飛ぶので要注意。火から下ろして、ニンニク・生姜・化調を加えてひとまず完成。
ニンニクは早い段階で細かく刻んで、辛味を適度に飛ばしておきます。

圧力鍋調理の後、蓋をしてひたすら煮込みます。特に手も掛けず、吹きこぼれだけ注意してグツグツと。
1時間程度で、チャーシュー用の肉は取り出してカエシの中へ。途中で裏返しながら、30分程漬け込みました。

スープ

完成直前のスープ。脂が十分に攪拌され、しっかり乳化が進んだ状態。
チャーシューを抜いたタイミングで、生の骨を追加しています。(追い豚骨)
二郎特有の「豚臭さ」は、背脂由来のものでしょうね。香りがそっくりです。
少量のニンニク・生姜をラスト1時間の所で入れた以外、野菜類は一切入れていません。

完成目標30分前に、もやし・キャベツを茹で始めます。丼も温めておきましょう。
器にカエシ・背脂・化調を入れておき、スープ入れて麺入れて盛り付けて完成。

家二郎 ヤサイニンニクアブラ

ラーメン小、ヤサイニンニクアブラカラメ(時価)


笑えるほど二郎。カネシがないハンデなど、全く気にならないレベル。
今回は運良く、良質な背脂だったようで、臭味なし・旨味しっかりのベストな出来映え。
前回の薄味になってしまった反省を生かして、カラメに決めたカエシ(45ml強)も大正解。

麺自体のグレードは前回より下げていますが、スープとの相性的にはむしろ山岸麺に軍配。
仙川店などで麺を購入しておくのも一手。ニンニクがいいなあ、ニンニクが。美味すぎ!

ブタ

ブタの再現度もなかなかでしたよ。特に脂身部分はふわとろの神ブタレベル・・・。
本家二郎の調理工程とは、もちろん違うんだろうけど。

とにかく大満足の自作納め・二郎納めでありました。
今年のラーメン熱の本格化はまさに、『家二郎に始まり、家二郎に終わる』だったのだなあ。


■参考記事


自作に挑戦したい方は以下も参考に。
絶対に失敗しない家二郎レシピだ - やんわりとした群れ 

2ちゃんねるで二郎の店員を名乗る人物に「だいたいこんな感じで合ってる」といわれてた模様。

■参考資料


ジャンク・ガレッジ、ぽっぽっ屋のレシピが載っており、こちらも参考になります。



■デザート編


最近は自作の度に、エンド氏の奥さんが作ってくれるスイーーツも楽しみのひとつ。
完全に存在しないはずの別腹を準備して、いざ実食。

りんごのフルーニュ

ハーゲンダッツに「林檎のフルーニュ」なるものを添えた甘味。
これがさっぱりとして、めちゃくちゃ美味いでやんの。
作り方とか聞いた感じだと、このへんのレシピかな。超何度も食べたい。

Cpicon ◇ラムレーズンアイスと林檎のフル―ニュ◇ by ラ・ランド

ディップ

クラッカーをディップで。木苺ジャムのクリームとワカモレ。
これまたうまいし、洒落ている。こゆの、さっと作れるのは心底尊敬いたします。

■おまけ


いも水飴&クラッカー

クラッカーに芋水飴をサンドして食べると、これまたなかなか美味い。

■過去の自作記録


よろしければこちらもどうぞ
第1回 自作ラーメン(家二郎編)
第2回 自作ラーメン(喜多方編)
第3回 自作ラーメン(八王子編)
第4回 自作ラーメン(鶏塩&和歌山編
第5回 自作ラーメン(お塩を学ぶ会)
第6回 自作ラーメン(京都・背脂醤油編)
第7回 自作ラーメン(とみ田インスパイア編)
番外編 鯵のなめろう和え麺
第8回 自作ラーメン(背脂豚骨煮干し編)
関連記事
タグ : 二郎

スポンサードリンク

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nebokegohan.blog55.fc2.com/tb.php/226-310bf816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甘いもん初め 2011@実家 «  | BLOG TOP |  » 二代目 武道家@中野

スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

ネボケガオ

Author:ネボケガオ
高円寺でおいしいグーグルマップ』より、いまやこちらがメインブログに。身勝手な消費者。東京・杉並→北海道・札幌→東京・杉並(いまここ)。

☆:満足度。4以上はオススメ

検索フォーム

タグクラウド

カテゴリ

家メシ (9)
自作ラーメン (13)
ラーメン(5.0) (12)
ラーメン(4.5) (37)
ラーメン(4.0) (97)
ラーメン(3.5) (124)
ラーメン(3.0) (93)
ラーメン(2.5以下) (27)
ラーメン(イベント) (7)
カフェ (18)
パン・ケーキ (11)
もんじゃ・お好み焼き (10)
パスタ・洋食 (6)
中華・餃子 (7)
カレー (7)
定食 (6)
ハンバーグ・焼肉 (4)
ファーストフード (2)
寿司 (4)
アジアン (1)
うどん・そば (4)
その他 (7)
未分類 (0)
居酒屋 (2)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ランキング勝算なし!


食べログ グルメブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。